© 2016 by GRAPPLER'S LEAGUE. All rights reserved

TEAM POINTS SYSTEM

In recent years, all around the world many amazing new grappling events have arisen.

The Grapplers League is here to change the grappling landscape by providing simplified rules that will enable each grappler to showcase their athletisism and demonstrate a truly efficient style of grappling. Athletes can display pure ground fighting, in 3 minute round setting with no draw possibilities. 

 

While we respect the artistic side of grappling, we also believe that bringing a pure athletic and dynamic aspect to this event will allow spectators to truly enjoy the experience.We feel this will keep the audience on the edge of their seats, giving them the ultimate grappling experience. 

 

 

近年、世界中で多くの素晴らしいグラップリングイベントが開催されておりますが、
グラップラーズリーグでは、選手達の能力を生かしながら最大限にグランドファイトの技を

発揮できる場を提供いたします。

そのために、ポイント制度を極力シンプルにし、3分ラウンド制の引き分けなしを設定いたしました。
 
私たちはグラップリングのアートサイドを尊重しつつダイナミックかつアスレティックな要素を重視し、

観客が本当に興奮できる究極のグラップリングイベントを提供してまいります。

グラップラーズリーグを解説

 

【どうしてラウンド制?】

ダイナミックな試合を重視するためにあります。

例えばレスリングではラウンド制を導入したことにより、瞬発力のあるダイナミックな試合が見られる様になりました。

一本サブミッション=瞬発力

ラウンド制がないボクシングマッチを想像できますか?KOの期待がだいぶ下がると思いませんか?

グラップラーズリーグ第一回大会で10試合中7試合が一本勝ちという結果は、ラウンド制に反映されたものだと考えています。

また、ラウンド制にすることにより観客側には休む時間ができ、集中して楽しむことができるという利点もあるのです。

 

【どうしてテイクダウンとスイープのポイントがないのか?】

柔術の試合ではパスガードよりスイープの方がポイントを取得するのに効率が良いので、

どうしても選手は下になりがちで、一度ポイントを獲得した選手はポイントをキープするために消極さが目立ちます。

ADCCでは引き込むとマイナスポイントが与えられますので、立ちのダラダラした試合が目立ちます。

テイクダインのポイントを排除したのは、スイープのポイントがない分のバランスを取るためです。

テイクダウンやスイープのポイントがないため、両選手は足関節やパスガードを狙い、思い切りの良いグラウンドでの攻防が繰り広げられることでしょう。それこそがまさに最大のメリットなのです。

 

【パスガードではなくサイドコントロール!】

柔術が効率の悪い複雑なゲームになる原因は、パスガードにあります。

効率さを重視するのであれば、サイドコントロールでポイントを与えた方が様々な問題を解決することができます。

例えば相手をテイクダウンして、すぐにサイドについても柔術のルールではポイントは与えられません。

この様なルールでは、選手が効率の悪い動きをする癖が付いてしまいます。また、レフリーがジャッジをするのも困難です。

例えばMMAではパスガードに関係なく、どの様な状況でも効率良くサイドについた方がより有利になるのです。要するにプロセスではなく結果に主点を置いたルールがグラップラーズリーグのルールなのです。

 

【ベースコントロールとは?】

相手を持ち上げ3秒間マットから浮かすことができれば、相手を持ち上げた選手に1ポイントが与えられるというグラップラーズリーグ独自のルールです。

持ち上げられた選手はバスターされる可能性があるので、バスターの危機感を磨くためのルールです。

 

【オーバータイムの場合は、バックコントロールからスタート!】

レフェリー判定を無くすためのルールです。

レフェリーの負担を減らすことができる上に、誰が見ても公平なルールです。

レフェリー判定で勝敗が決まってしまうサッカーの試合なんて、想像できますか?